川村明宏のジニアス記憶術の内容

川村明宏のジニアス記憶術の内容について

 

川村明宏のジニアス記憶術は、簡単なトレーニングゲームを行うことで記憶力をアップさせていく方法です。

 

このトレーニングゲームは、1日7分間でできるようになっており、ステップ1〜4の4つの内容に分かれます。

 

まず、自身の記憶力を測定し(ステップ1)、トレーニングゲームによって左脳の能力を2倍・右脳の能力を20倍に活性化させます(ステップ2)。さらに右脳の能力をさらに高めるイメージ記憶力トレーニングゲームを行い(ステップ3)、リピート記憶力トレーニングによって一度覚えたことを忘れないようにします(ステップ4)。

 

この4つの内容を効果的に1日7分行うことでジニアス記憶術では短期間に暗記力を高めていきます。

 

資格取得や受験勉強をはじめとして、TOEICや学校のテストなど暗記を必要とする科目にジニアス記憶術のトレーニング方法は役立つ内容となっています。

 

川村明宏のジニアス記憶術のポイントについて

 

川村明宏が教えるジニアス記憶術は物事を覚えるた為の脳の使い方がポイントとし挙げられます。

 

その理由として一般的な記憶方法は、何か一つの事柄に集中して作業を行い、一点を集中して眺めたり、文字を何回も書いたり、長時間同じことを繰り返して行います。

 

しかし、実はこの一般的な方法は記憶に関しては効率化が良いとは言えず、物事を暗記したり覚えたりするのに脳を上手に使えていない状況にあるといいます。

 

近年では、脳はマルチタスクで物事を考え、処理していることが明らかになってきました。

 

川村明宏のジニアス記憶術では並行していろいろな事を行う並列処理にあって、特に右脳と左脳を同時に使うことが最も重要ポイントとなります。

 

2つの事柄を右脳と左脳で並列処理することにより、脳への定着率が上がるのでジニアス記憶術のトレーニングサイトを使って強化していきます。

 

 

記憶力を高めるには思い出すクセをつけること

 

一般的に記憶術というと覚えることばかりフォーカスしてしまいがちですが、物事を覚え記憶力を高めるにはインプットだけではなく、アウトプットしなけらば意味がないといえます。

 

記憶する流れとして、記銘(Registration)、保持(Retention)、想起(Recall)という流れになっています。

 

まず、記銘(きめい)は専門用語として使われていて物事を覚える事を言います。物事を覚えるには、先ず脳に覚えさせインプットしなければスタートしないので、記憶する最初の1つめが記銘(きめい)となります。

 

次に、保持(ほじ)ですが、人間は一生懸命に学習して物事を覚えたとしてもそのままでは忘れてしまうので、記憶したものを保持する役割が必要となります。

 

記憶する流れの2つめは保持(ほじ)と呼ばれていて、別の呼び名では貯蔵(ちょぞう)とも言われています。

 

そして、記憶した情報を必要な時に思い出すことを想起(そうき)と言います。

 

また、この想起(そうき)の部分にあたる思い出すという事が出来なければ、記銘(きめい)や保持(ほじ)も意味がなくなってしまいます。

 

記憶はこの記銘(きめい)、保持(ほじ)、想起(そうき)の三つで成り立っています。またインプットだけではなく、アウトプットの意識を持つことが大切で覚える事ばかりに気を取られていても良くありません。

 

もちろん記憶のアウトプットは会社や学校での試験は代表的なものとして挙げられますが、その他にも記憶したものをアウトプットする方法は数多くあります。

 

例えば、書籍を読んだ後に内容を思い出してみる、野球やサッカーを観戦した後に出場選手を思い出してみる、ラジオを聴いた後に話題になっていた内容を思い出してみるなど、この他にもアウトプットする方法は数多くあります。

 

日頃のトレーニングとして何か記憶して頭に入れた後は、それを思い出すクセを付けておくと良いです。

 

川村明宏氏が監修するジニアス記憶術の特徴

 

これまで川村明宏氏は任天堂DS・3DS「右脳を鍛える」で有名なゲームソフトの監修をはじめ30年以上にわたり記憶術の研究や実験など能力開発に携わってきました。

 

ジニアス記憶術も川村明宏氏が監修していて全世界で約120万もの人が取り組んだ記憶術となります。

 

現代では、学校の試験や入学試験、TOEICや資格試験のために記憶力を上げたいと考える人たちがたくさんいます。

 

そうした需要に応えるように様々な記憶術が開発されていますが、ジニアス記憶術ではその様な一般的な記憶術とは違い川村明宏氏が長年に渡って培ったノウハウが凝縮して詰め込まれています。

 

川村明宏のジニアス記憶術はトレーニングサイトを使い記憶力を高めていくのが特徴として挙げられ、物事を覚える脳のメカニズムに着目して効率良く記憶力を高めることができるのノウハウとなっています。

 

また、右脳と左脳を同時に使う方法、記憶処理のメカニズム、効果的に頭が良くなるトレーニング方法、知識の定着率が上がるトレーニング方法など、川村明宏氏独自のメソッドを習得する事ができます。

 

トレーニングサイトと付属マニュアルを用いて記憶力の基礎から学べるのも特徴の1つとして挙げられます。

 

  • LINK1を更新しました